Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Category Archives: 育児

梅雨前にbikke2eのレインカバーを買い換える事になった

  • 投稿日:2016/05/17

昨日、沖縄・奄美地方は梅雨入りしたと発表がありました。関東地方の梅雨入りもそう遠く無いですね…。
梅雨入り前でも時々天気が悪くなるここ最近ですが、先日自転車で娘を連れて公園に行った嫁からメッセージが。

嫁「チャイルドシートのレインカバー…落としたかも…」

あまりの嫁の凹みっぷりに気の毒ながらつい笑ってしまいました。

 

 

 

我が家の自転車(嫁・娘用)はこちら。ブリヂストン 電動アシスト自転車 bikke2eです。

 

購入してからとっても重宝しているのですが「独自仕様が結構多い」というちょっとした難点(?)があります。
例えば子供乗せ用のチャイルドシートですが、取り付け部分のパーツが他メーカー品と異なるため原則・純正品じゃないと設置できないそうです。我が家は最初からセットで買ったので問題なかったのですが、自分の気に入ったチャイルドシートを選べないという点ではマイナスと考える人も多いかも知れません。
逆にヤマハのPAS Babby(バビー)という自転車は元々ブリヂストンとヤマハが共同開発した経緯があるとかで、基本的にbikke2eとほぼ同じなんですがそういった細かいパーツが異なるためチャイルドシートをはじめ好きなパーツを付けやすいそうです。

じゃあ最初からPAS Babbyにしとけよって話なんですが、嫁と娘が見た目で気に入ってしまったんだから仕方ないってもんスよ。

 

 

 

このbikke用純正チャイルドシートも独自仕様なやつで、OGKとかのものに比べるとヘッドレストが若干低めです。そのため使えるレインカバーを探すのはなかなか大変だったのですが…それを嫁は落としてしまったわけですね。

嫁が落とした後ろ乗せチャイルドシート用レインカバー。
OGKのRCR-002というモデルです。


たたんでも結構デカいはずなんですが…これ落として気付かなかったのか…(笑)

 

 

 

まあまた買えば良いか、どれAmazonでポチットn…
あれ!?これ7000円近くもしたんだっけ…!?

 

嫁よ……(;´Д`)

 

 

 

もう少し安いものでビッケに使えるもの無いかと探していたところ、落としたRCR-002の後継モデルと思しきRCR-003というモデルを発見。


Amazonでほんのちょっと安かったので試しにこちらを購入したところ…

 

1

良い感じじゃーん!(゚∀゚)

ちなみに娘は身長約100cmの4歳児です。

 

 

以前のRCR-002だと娘の頭が天井に当たってしまっていたのですが、こちらは多少空間がある様です。bikkeのチャイルドシートのようにヘッドレストが低いものだと、どうしても天井部分が落ちてきてしまうのですが、こちらは少し盛り上がる様な構造になっているので大丈夫そうです。

2

 

 

雨の日は多少曇ってしまうでしょうが、透明部分が大きくなったことで視界が広がり明るくなった様子。曇ったら曇ったで結露したところを指でなぞってお絵かき始めるんですけどね…。

3

 

 

取り付け部分は下記の様な感じ。チャイルドシートの横の隙間と固定用のシートベルトに後ろ側から固定用のテープで留める感じです。シートベルトは多少引っ張られる場合もあるので、必要に応じて長さを調整するといいかも知れません。

4  5

 

 

ヘッドレストが低いチャイルドシート用にプレートが付属していたのですが、入れるとプレートの重さで却って後ろに下がってしまう模様。

6

 

プレート無しでも風が強いと後ろに下がってしまう可能性があるので、この股間のバックル部分に丸カンでも取り付けてマジックテープで引っ張るように固定しようかと思ってます。

7

 

 

結構嬉しいのが、雨があがったらガバッと全体を広げられるところ。いちいち全部取り外さずとも、息苦しさから解放されます。

8

 

 

 

怪我の功名といいますか、娘にとっては梅雨時にむけて快適な環境が手に入ったみたいで良かったです。

 

もう落とさないでね……!(切実

 

 

 

 

 

 


地下足袋園児、爆誕

  • 投稿日:2014/12/15

あまりにブログを更新しなさすぎて、自分でもブログがあることを忘れかけていました。

ブログ休止状態に陥る前に「スーツのうんちゃら」っていう、今思えばしょーもないレクチャー記事(笑)を書いていましたが、本当にしょーもないし今のご時世ググればなんぼでも素晴らしい情報は出てくるので全部削除しました。楽しみにしていた方なんて居ないと思いますが、もし少しでも読んでいた方がいらっしゃいましたらスイマセン。

 

以前にも書きました通り、プライベートではSOU・SOUという京都のブランドの服を好んで着ております。和服ベースなせいもあってか着心地も楽ですし、地下足袋も最初こそ慣れないものの慣れてしまえばそこらのスニーカーよりも力が入りやすくて楽です。

親バカが爆裂して娘にも地下足袋を履かせてやりたくて、SOU・SOUに娘のサイズが無いもんだからと祭り用の地下足袋を買っては布ペンで絵を描いてあげる様になりました。

20131027-DSC_1091

 

そんな娘も来年の春からは幼稚園!でっかくなりました!重い!重いんだコノヤロー!

決してお坊ちゃま・お嬢様系のハイエンド私立じゃないとは思うのですが、娘が通う予定の幼稚園にも一応「制服(クレヨンしんちゃんみたいなやつ)」というものがありまして、幼稚園に入ったらその制服を着て通うことになります。

一式で25000円しやがります。相場的には安いほうかも知れませんが。
そんな娘の制服の話をしていて、ふと浮かんだ疑問。

地下足袋ってOKなの…?

現代の傾奇者を自称する根っからの社畜パンクスである私としては「地下足袋通園」は全くもって問題ないわけですけども、そこはやはり一児の父。他の子供たちと一定の「社会性」「協調性」は持ってもらいたいと思うのと、親としても他の保護者の目が気になるわけであります。
悲しいかな、10代・20代と尖りまくったバンドマン時代を過ごしてきたと自負してはいても、事なかれを愛してやまない日本人の血が私の身体にも脈々と流れているのです。

SOU・SOUへショッピングしに行き店員さんに「新作ですよ!」と差し出されたのがロックスターよろしくなオール豹柄の羽織で、以前の私だったら「キメちゃいますか…ニヤリ」だったのが、今となっては「保護者の視線が気になるんです…」という弱体化っぷり。

「もう少し地味にしておきます〜」と遠慮しつつも、自宅のクローゼットを見たら金色に輝く象が乱れ飛ぶ羽織があったりして、シンプルイズベストとは重要であると再確認するわけであります。いや、金色の羽織は着るけどね。

 

地下足袋NGであったらば、我が娘には一体何を履かせるか。やはりスニーカーになるのか。しかし我が子はほとんど地下足袋しか履いてこなかった子です。自分で脱ぎ履きできるのも地下足袋であって、スニーカーなんてよく分かっていないに違いありません。

「地下足袋ばかり履いてたがためにスニーカーの履き方を知らない」

こんな特殊過ぎる悩み、一般的なご家庭のお子様が持つわけありません。今更ながらに我が親ばかの弊害を悔やむことになったわけです。

 

後日、妻が幼稚園に行き恐る恐る「あのぅ〜地下足袋ってどうなんでしょうか…」とお伺いをたてたところ

「自分で脱ぎ履きできるなら問題ないです〜」

という、あまりにもシンプルな回答を頂きまして、我が娘は入園後もしばらくは地下足袋園児として通園することになったのです。

 

いや、スニーカーの一つくらいは買ってやらんとならん。


衣替え(娘SOU・SOUに立つ)

  • 投稿日:2013/11/02

11月に入り、そろそろ秋も中盤戦に入ったんでしょうか。朝晩はなかなかキリリと冷えるようになってきました。東北出身の秋好きとしては今くらいの時期が何気に一番好きだったりします。この「冬支度する感」が何となくワクワクするのかも知れません。

冬支度ということで、服もいい加減に衣替えしました。
去年圧縮袋に入れてしまっていた服を押し入れから出して、その圧縮袋に夏物を入れてしまい込みます。ついでに要らない服を捨てたり譲ったり。

 

プライベートでは例によってSOU・SOUの羽織を買いました。今年からは娘用も。
写真をSOU・SOUブログから引用させて頂きました。ちゃんと許可はとってありますよ。

わらべぎで七五三 / 一語一絵 SOU・SOUのブログ – SOU・SOU KYOYO 青山店のいろいろ

20131027-DSC_1107

 

こどもじりそで / SOU・SOU net shop

 

ありがたいことにSOU・SOU KYOTO 青山店から娘にモデルのオファーを頂きまして、SOU・SOUのオフィシャルブログ上で紹介してもらいました。

20131027-DSC_1091

 

派手な座敷童みたい。

 

どさくさに紛れて親共も写っております。

20131027-DSC_1121

S藤さんO部さんはじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

(※ちなみに該当コメントは削除されたようですが、某SOU・SOU仲間の方が冗談で私へのコメントを残してくれていたようです。悪気は無かったみたいなんですが誤解を招きそうだったのか削除されてしまいました。私自身は面白がってたんですが…。本人から直接ゴメンナサイの連絡もあったので、SOU・SOUスタッフの皆様には某SOU・SOU仲間の方が悪意があったわけでは無いことだけご理解頂けると嬉しいです。)

 

それにしても、こうして見るとド派手な家族ですなー。
ご近所のママ友さんが、ママ友になる以前から我が家を見て「なんかすごい!」と思ってマーク(?)されていたそうです。
まー「なんかすごい!」という感想は合ってると思います。

でも意外?なことにSOU・SOUの服を見て「派手すぎ!」「こんなの和服じゃない」「おかしい」という反応をする方は少数派で、どちらかと言うと「面白い」「良いかも」「自分も着てみたい」「子供に着せたい」という反応をする方が多いです。

もしかすると社交辞令もあるのかも知れませんが、特にメガネ屋さんとかアパレル関係の方、主婦の方の食い付きっぷりが半端無かったりします。

そういう時はここぞとばかり宣伝するわけですが、それでも私の母親(アパレル業)には

母「八戸に来る時は地味にしてきてね!」

と釘をさされるので、まだまだ私の(勝手な)広報活動は甘いのかも知れません。

 

 

 

毎度ながらSOU・SOUばかりなので、次回はプライベートではない普段仕事で着ているスーツ関連の話でも書いてみようかなーと思います。いや、ネタ切れとかそういうんじゃないです