Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

MEN’S Exの靴談義イベントに行ってきました

  • 投稿日:2016/10/21

先日メンズファッション誌「MEN’S Ex」が主催する限定15名の靴談義イベントがあったので参加してきました。ダメ元で応募してみたら当たっちゃいました。ヤター!

 

MEN’S EXでもおなじみのスタイリスト&エディターの青柳光則さんを講師として迎え、シーン別に最適な靴を考えるというテーマで語り合うという趣旨のイベントでした。こういうイベントでは色んな人の考え方・スペシャリストならではの意見を聞く事が出来るので非常に面白いです。

3
△真剣に勉強中

 

残念ながらイベント中に写真をあまり撮ってなかったので、文章中心です…無念。
まずは青柳さんから靴の選び方の基本について講義。フォーマルな場では黒の内羽根ストレートチップ…といった超基本的な内容から、なぜその靴を選ぶべきなのかという理由についてまで勉強しました。まぁ集まっているのは靴好きばかりですので、新たな知識というよりは「おさらい」でしょうか。

 

 

 

次に参加者は3つの班に分かれます。スタイリングごとに色んなシチュエーションが設定された「ドレススタイル」と「カジュアルスタイル」の2つ通りのスタイルに合わせて靴を選ぶのですが、それぞれ「定番の靴」と「ハズしの靴」の各2足ずつで合計4足をチョイスします。
参加者は皆オシャレ好きですので、単に自分好みの靴を選ぶだけならそれほど悩まないのですが、それぞれ課せられたシチュエーションを鑑みることです。というか、これこそ今回のイベントの真髄とも言える部分ですね。

1

 

例えば『夜は和割烹で海外の要人を接待』というシチュエーションならば、「靴の脱ぎ履き」と同時に「要人に対して失礼でない」という条件の元で選ぶことになります。
要人ともなればドレスコードを分かっている可能性大ですから、脱ぎ履きしやすいからとカジュアルなローファーはリスキー。しかし、要人たちが靴紐を結んでいる間にササッと会計を済ませたり先回りして裏方の仕事をしないといけないので、脱ぎ履きしやすい物になります。
というわけで、この時にピッタリなのは「ドレス感のあるエラスティックシューズ」や「履きなれたダブルモンク」等が該当します。

 

 

周りの人々や場のことに想像を巡らせて、なおかつ自分に相応しいものにするという、靴選び一つとってもスタイリングとは難しいものです。しかし、それがまたスタイリングの面白いところでもあるんですよね。イベント中では青柳さんから愛のダメ出しもありましたが(笑)、こういうスタイリング遊びみたいなことをやって楽しい時間を過ごしました。

4
△分かりやすい解説をして下さる青柳さん

 

ところで、このイベントでは青柳さんともう一人、コロニルのレザーケア用品を取扱うエスアイザックス商会の方が講師で来られていたのですが、なんと実はこの方は私のInstagramのフォロワーさん!お互いにこのイベントに参加していると知らず、当日まさかの対面という嬉しいハプニングでした。

2
△私の猫背感やばい

 

 

イベント終了後は参加者の皆様や、大野編集長・青柳さんたちと少しの間談笑。服の話やMEN’S Exの特集のことなど色々と話してきました。
お二方とも記念撮影にも快く応じて下さいました。ありがとうございます。

5 6

 

ちなみに、寺本副編集長さんはじめMEN’S Ex編集部の皆さん・会場の阪急メンズ東京のスタッフの皆さん共にメチャクチャ親切だったのが印象的でした。一緒に連れてきた妻と娘のためにわざわざソファーや飲み物まで用意して下さって…感謝感謝。
靴を買うなら阪急メンズ東京がいいですよ!(PR)

 

 

 

この日はSpacca Neapolisのスカーフ。だいぶ前に買ったのにこの日が初出動。
似合っているんだろうか…これ……。

sp