Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Tag Archives: MEN’S EX

MEN’S Exの靴談義イベントに行ってきました

  • 投稿日:2016/10/21

先日メンズファッション誌「MEN’S Ex」が主催する限定15名の靴談義イベントがあったので参加してきました。ダメ元で応募してみたら当たっちゃいました。ヤター!

 

MEN’S EXでもおなじみのスタイリスト&エディターの青柳光則さんを講師として迎え、シーン別に最適な靴を考えるというテーマで語り合うという趣旨のイベントでした。こういうイベントでは色んな人の考え方・スペシャリストならではの意見を聞く事が出来るので非常に面白いです。

3
△真剣に勉強中

 

残念ながらイベント中に写真をあまり撮ってなかったので、文章中心です…無念。
まずは青柳さんから靴の選び方の基本について講義。フォーマルな場では黒の内羽根ストレートチップ…といった超基本的な内容から、なぜその靴を選ぶべきなのかという理由についてまで勉強しました。まぁ集まっているのは靴好きばかりですので、新たな知識というよりは「おさらい」でしょうか。

 

 

 

次に参加者は3つの班に分かれます。スタイリングごとに色んなシチュエーションが設定された「ドレススタイル」と「カジュアルスタイル」の2つ通りのスタイルに合わせて靴を選ぶのですが、それぞれ「定番の靴」と「ハズしの靴」の各2足ずつで合計4足をチョイスします。
参加者は皆オシャレ好きですので、単に自分好みの靴を選ぶだけならそれほど悩まないのですが、それぞれ課せられたシチュエーションを鑑みることです。というか、これこそ今回のイベントの真髄とも言える部分ですね。

1

 

例えば『夜は和割烹で海外の要人を接待』というシチュエーションならば、「靴の脱ぎ履き」と同時に「要人に対して失礼でない」という条件の元で選ぶことになります。
要人ともなればドレスコードを分かっている可能性大ですから、脱ぎ履きしやすいからとカジュアルなローファーはリスキー。しかし、要人たちが靴紐を結んでいる間にササッと会計を済ませたり先回りして裏方の仕事をしないといけないので、脱ぎ履きしやすい物になります。
というわけで、この時にピッタリなのは「ドレス感のあるエラスティックシューズ」や「履きなれたダブルモンク」等が該当します。

 

 

周りの人々や場のことに想像を巡らせて、なおかつ自分に相応しいものにするという、靴選び一つとってもスタイリングとは難しいものです。しかし、それがまたスタイリングの面白いところでもあるんですよね。イベント中では青柳さんから愛のダメ出しもありましたが(笑)、こういうスタイリング遊びみたいなことをやって楽しい時間を過ごしました。

4
△分かりやすい解説をして下さる青柳さん

 

ところで、このイベントでは青柳さんともう一人、コロニルのレザーケア用品を取扱うエスアイザックス商会の方が講師で来られていたのですが、なんと実はこの方は私のInstagramのフォロワーさん!お互いにこのイベントに参加していると知らず、当日まさかの対面という嬉しいハプニングでした。

2
△私の猫背感やばい

 

 

イベント終了後は参加者の皆様や、大野編集長・青柳さんたちと少しの間談笑。服の話やMEN’S Exの特集のことなど色々と話してきました。
お二方とも記念撮影にも快く応じて下さいました。ありがとうございます。

5 6

 

ちなみに、寺本副編集長さんはじめMEN’S Ex編集部の皆さん・会場の阪急メンズ東京のスタッフの皆さん共にメチャクチャ親切だったのが印象的でした。一緒に連れてきた妻と娘のためにわざわざソファーや飲み物まで用意して下さって…感謝感謝。
靴を買うなら阪急メンズ東京がいいですよ!(PR)

 

 

 

この日はSpacca Neapolisのスカーフ。だいぶ前に買ったのにこの日が初出動。
似合っているんだろうか…これ……。

sp

 

 

 

 

 

 


MEN’S Exに掲載して頂きました

  • 投稿日:2016/04/11

少し前になりますが、メンズファッション誌「MEN’S Ex」主催の読者参加企画「#me5_vstagram」がInstagram上で開かれました。今月発売のMEN’S Ex5月号のVゾーン特集に合わせて、読者のVゾーン写真を募集・掲載するというものです。SNSでこういう企画ができるって便利ですね。
応募方法は至って簡単で、ハッシュタグ「#me5_vstagram」をつけてInstagram上でVゾーンを投稿するだけ。私も今回初参加でいくつかVゾーンを投稿しました。

 

選ばれた投稿は今月発売のMEN’ Ex5月号に掲載されています。

 

他の参加者の投稿も拝見したのですが、まさに猛者だらけ。皆さんオシャレです。
あまりに皆オシャレなので、私は半ば記念投稿みたいな気分でいくつか投稿していたんですが…5月号を見てみたら掲載されてました!

P.80の「タイドアップ編」にちゃっかり「atrasi2079(私のInstagramのIDです)」と。

12494791_1051515284907844_2342240208575521233_n

 

タブカラーシャツにレップストライプタイで、紺ブレ&紺ニット。
紺ブレもレップストライプタイもアメトラのアイテムなんですが、イタリアのファッショニスタ達に倣って、いい意味でアメトラ過ぎない様にしました。

 

学生時代にFINE BOYSというストリート系雑誌にスナップして頂いて以来なので、もう約15年以上ぶりの雑誌掲載です。当時は大学で友人たちに「よう、ファインボーイズ」と呼ばれたりしたのが照れ臭くもあったのですが、今は載せて頂いて感謝です。ありがたやありがたや。


載せて頂いたのも嬉しいんですが、それよりも#me5_vstagramをきっかけにInstagram上で知り合うことが出来た方がいたのが嬉しいですね。服や靴などの共通の趣味で繋がることができるのはとても幸せに思います。仲間が増えるというのは、従来の読者参加企画と違ってSNSを使った企画ならではのことかも知れませんね。

 

最後に掲載された上記以外の私のポストをいくつか。

10660124_1025456660847040_2917254299491231562_n

ONLYのブラウンのジャケットにタイ・ユア・タイのセッテピエゲタイ&サルヴァトーレピッコロのチーフ。

 

 

12670926_1022633817795991_826366809620525364_n

ONLYのダブルブレストスーツに鎌倉シャツの小紋タイ・ムンガイのチーフ。

 

 

12799432_1025478740844832_718843677495879502_n

個人的にこれが一番気合入ってました。
ソブリンハウスのスーツにザ・タイ(アイネックス)のクワトロピエゲ、ムンガイのチーフ。

 

機会があればまた参加したいと思います。

 

 

 


脱アズーロ・エ・マローネへの挑戦

  • 投稿日:2016/03/13

ここ数年メンズファッション誌等で頻繁に見かける「アズーロ・エ・マローネ(azzurro e marrone)」というワード。イタリア語で「青と茶」を意味する言葉です。

mensex
[出展] MEN’S Ex 2015年10月号 66P・67P (世界文化社)
MEN’S EX (メンズ・イーエックス) 2015年 10月号 [雑誌]

 

 

 

もともとイタリアの定番カラーらしいんですが、どうもここ数年のトレンドカラーの様で、特にビジネススタイルを扱う雑誌ではかなりの頻度で見かけます。例えばネイビースーツにブラウンのネクタイとか、ベージュのジャケットにブルーのシャツとかですね。

12799432_1025478740844832_718843677495879502_n 11081381_859522817440426_6811893960342303383_n

 

イタリアでは昔からの定番カラーということで、確かにこの色の組み合わせにするとスタイリングがいい具合にまとまるんですね。

 

 

 

しかし、別に青×茶でなくとも素敵な色合せは沢山あるわけです。トレンドだからってアズーロ・エ・マローネだらけになるのもちょっと抵抗があります。グレー×赤とか緑×黄とか、トレンドではないものの定番の組み合わせです(緑はあんまビジネス向けじゃないかな…)。

grayred
[出展] BOLD RED TIE / trashness

 

 

そんな事を思っていたファッション好き仲間の友人と

「雑誌が勧めるスタイリングそのままじゃ面白くない」
「あえてトレンドカラーから外したいよね」
「むしろギョッとするような組み合わせを楽しむのもアリ」

なんて話を数時間にわたって話しました。

 

 

雑誌が提案スタイルはもう既に誰かが熟成させたもの。新鮮さを求めるなら、トレンドカラーじゃないものの中から選んで自分なりに研究して、その結果自分だけのスタイルに繋がっていくんだ…。
天邪鬼な私と友人でそんな青臭い話をしながら、夜更かしをしたのでした。まるで中学生の様。

 

 

翌日。夜更かしのせいで見事に寝坊した私は大急ぎで準備して出社。
気づけば見事にアズーロ・エ・マローネでした。

azzurroemarrone

 

 

残念!修行がたりない!!!