Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Monthly Archives: 2013年10月

吉靴房で靴をオーダーしました

  • 投稿日:2013/10/15

京都のハンドメイド革製品工房吉靴房さんから、オーダーしていた靴が届きました。
別に狙ったワケじゃないんですが、到着したのがちょうど誕生日に近い日で図らずも「自分への誕生日プレゼント」になりました。

こちらがその靴です。

kikkabo1

吉靴房の代表作「単皮(たび)」というモデルです。
ほぼ昔からある地下足袋ベースのSOU・SOU足袋とは異なり、靴に近い要素があります。

現在の「足袋」はもともと鹿等の一枚皮で作った半靴であったため「単皮(たび)」と呼ばれており、後に当て字で現在使われている「足袋」に変わったという説があります。そう考えると足袋の先輩ですね。

足袋(たび) – 語源由来辞典

 

 

SOU・SOUのダブルネームモデルとしても販売されており(内部の焼き印にSOU・SOUの文字が入ります)基本的に白・黒のみでの展開なんですが、ダブルネーム扱いではない方のモデル(焼き印が違うだけで同じもののようです)では内側・外側で色を変える事もできます。今回は外側が白・内側が紺のツートンカラーです。

kikkabo2

 

SOU・SOU×吉靴房 / SOU・SOU net shop

吉靴房×SOU・SOU / 吉靴房

吉靴房 / 単皮(たび)

こちらは完全受注生産の製品ですので、注文後のキャンセルやサイズ交換ができません。京都にいる方は直接工房に出向いて採寸できると思いますが、他地域ですと難しいかも知れません。
私の場合は代官山・無垢里に展示会で吉靴房の野島さんが来られた際に採寸して頂きました。

靴としてはなかなか高額な買い物になりますので、近くで展示会等があった場合は何とかして行って採寸してもらった方が良いんじゃないかと思います。

オーダーしてから受取までは約2ヶ月くらいでした。もっとも、オーダーの混み具合や内容によって期間は異なってくると思いますので、もっとかかる場合もあると思います。詳しくは吉靴房さんに直接問い合わせたほうが良いと思います。

 

 

 

SOU・SOU(若林株式会社)やCA4LA(有限会社ウィーブトシ)・TENGA(株式会社典雅)なんかもそうなんですが、単純に「自分が良いと思ったもの」「自分が好きなデザインのもの」というだけでなく、その企業の持っている理念だったり指針みたいなものに魅力を感じて、半ば「応援」とか「投資」に近い気持ちで商品を購入する事があります(極端なことを言えば消費とはそういうことなのかも知れませんが)。

自分にとって吉靴房もそんな存在でして「新しい日本の履物文化の基本となるものを作りたい」という理念に共感を覚えて強い興味を持ちました。そんな新たな時代に向けての日本の履物デザインの一つとして「単皮」は制作されたそうで、是非とも一足は欲しいと思っていたのです。

kikkabo3

 

 

なお、有料にはなりますが、カカトの交換・ソールの張り替え等もやってくれるそうです。
大事に履けばまさに「一生もの」に近いかもしれませんね。

 

kikkabo4

 

以前にも似たような事を書いたかも知れませんが、「日本の伝統の技術」とか「日本古来の文化」というのは、本当はある種の「ナマモノ」っぽい部分があるのだと思っています。

「日本古来の文化」になど興味も無かった中高生時代にはあまり深く考えたこともなく、何となく教科書の一節に出てくる干物みたいなものの様に感じていました。でも、よくよく考えてみれば今残っている「伝統」と呼ばれるものを作り始めた人たちは、それが「最先端」だったのです。最初から古典を作ろうとはしていなかったはずです。
今でこそビートルズはロックの古典のように言われていますが、最初からビートルズはよくできた古典だった訳ではなく、大勢の人に話題にされて結果的にレジェンドに変わっていったんだと思います。それと一緒じゃないかと思います。

欧米から入ってきた靴をそのまま履き続けるのも、様式美にまでなった呉服の一部としての履物に従うのも、決して間違いではないでしょう。でも、その一方で現在進行形の日本の履物というものを履くのは、それはとても良いことなんじゃないかと思うんです。今既にスタンダードになった物を使うことよりも、今「最先端」として進行中の日本の伝統を身につけることで、ほんの小さな一コマに過ぎないかも知れないけれど推し進める事ができるかな…と思ったりもします。

 

様式美全てを否定するつもりはさらさら無いんですが「これはこういうもの」「これはこうあるべき」という先入観や固定概念を一度横に置いといて、少しだけ自分が日常の中で使うものに対して考えてみる…というのは、実は髪をおっ立てたり鋲付き革ジャンを何も考えずに着ることより、よっぽどロックでパンクじゃないのか…と、オッサンながらに考えてみたりもします。

なんか堅苦しくなってきた…(´∀`;)

履いてみた感想ですが、こういう靴はおろかオーダー靴自体が初めてですのでオーダー靴として「これこれどうだ」と書くのは非常に恐縮ではありますが、楽なのにピタッとくっつく感じと言いましょうか、凄くフィットします(当たり前か…)。靴を履いていて足のどこにも無理を感じない、今まであまり味わったことのない感覚でした。

kikkabo5
SOU・SOU地下足袋も(特に日進ゴム製のレザー足袋)かなりフィット感があって好きなんですが、この靴にはそれとはまた少し違った良さがあると思います。今年の秋冬はヘビーローテションにしようと思っています。
メンテグッズ買わなきゃ。

 

 


ミッシェルガンエレファント展「SHIBUYA RIOT!」に行ってきました

  • 投稿日:2013/10/14

tmge1

 

先日タワーレコード渋谷店8Fにある「SpaceHACHIKAI」で開催されている「TMGE SHIBUYA RIOT! 19962003」に行ってまいりました。
あの伝説的なロックンロールバンド「THEE MICHELLE GUN ELEPHANTW」が1996年にデビューしてから2003年に解散するまでを追った、最初で最後のミュージアムだそうです。

写真をバカスカ載せますので「見に行ってからの楽しみにしたい!」という方は、こちらの記事はご覧にならずに他の記事でもご覧頂ければと思います。

 

「TMGE SHIBUYA RIOT 19962003」

開催期間:2013年10月3日(木)〜20日(日)
開場時間:11:00〜21:00 ※最終入場は閉場の30分前まで
場所:タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAI
入場料:500円(税込) ※小学生以下無料 ※グッズ購入のみの場合も入場料が必要
タワーレコード渋谷店
http://tower.jp/store/kanto/Shibuya

 

土日祝日は多分混雑するだろうということで、仕事が早く終わった日の帰りに会社の先輩と一緒に行ってきました。

お約束の記念撮影。

tmge2

 

「SHIBUYA RIOT!」というタイトルですが、2001年5月23日に国立代々木競技場の敷地内で行われた野外フリーライブ「YOYOGI RIOT! 2001523」に因んだものです。私も2001年のこの日、朝の6時からミッシェル好きの仲間たちと並んでおりました。

朝のうちは比較的天候にも恵まれていたんですが、やはり嵐を呼ぶバンド・ミッシェル。演奏開始頃にはもう雨と汗で観客席はズブ濡れでした。
演奏されたのは同日発売だったアルバム「ロデオ・タンデム・ビート・スペクター」の楽曲が中心でした。


冒頭にその後アルバム「SABRINA HEAVEN」に収録される「サンダーバード・ヒルズ」という楽曲を演奏したのですが、ハイテンションの観客と雨による足元の悪さであちこちで将棋倒し状態になり、結局演奏は一時中断、サンダーバード・ヒルズの演奏は止めてロデオ・タンデム・ビート・スペクターの一曲目に収録された「シトロエンの孤独」が演奏されました。


雨の中2万人を動員したというライブの映像がYouTubeにもアップされていました。
この観客席のどこかに私もいます。

確かこの日はロデオ・タンデム・ビート・スペクターのPRも兼ねた企画で、スペースシャワーTVでも放映されたんだったと思います。

 

ミュージアムではこのYOYOGI RIOT!で使われたバックドロップ(バンドの背後に掛ける垂れ幕)と、実際に使用された楽器(YOYOGI RIOT!の時の使用機材とは異なる様です)が展示されていました。

tmge3

 

YouTubeの映像を見る限り、少なくともアベフトシのYOYOGI RIOT!時の使用ギターは展示品と同じものの様ですね。うーん感慨深い。

tmge4

アベフトシが使用しているテレキャスタータイプのギターはテレキャスターの本家本元「フェンダー」製ではなく、松下工房のオリジナルブランド「seen」の名を冠したオーダーメイドモデルというのは結構有名ですね。こちらの黒ボディにホワイトパール柄ピックガードがついたモデルは4本目にあたる後期のメインギターです。

 

ミッシェル初期からしばらくメインだったアベフトシのアンプ、フェンダーのThe Twin(通称レッドノブ)。
ツマミの設定が実際の設定と同じかどうかまではわかりません。

tmge5

 

途中でメインアンプはマーシャルのJCM900 4100に変更されたので、The Twinのケースには「Sub(サブ)」と書かれたテープが貼ってありました。

tmge6

 

チバユウスケはグレッチのホワイトファルコンとヤマハのF100-212というアンプ。

tmge7

 

ミッシェルのギターサウンドはほぼアベフトシの要素が占めていたので影が薄いかもですが、アルバム「CASANOVA SNAKE」あたりからはチバの弾くバッキングギターサウンドありきなアレンジも多少見て取れます。
YOYOGI RIOT!ではアンプは確認できませんが、使用ギターはグレッチの6119-62の現行モデルです(ちなみに私も同じモデルを持っています)。


ウエノコウジはサンバーストのプレシジョンベースでした。YOYOGI RIOT!で使用しているのは白いプレシジョンベースだったので別のものですね。アンプはもしかするとあまりメジャーな部類ではないかも知れないsunnのアンプ。この型とは異なりますが、以前に高円寺かどっかの古いリハーサルスタジオに入った際に置いてあったのがsunnのベースアンプで、非常にいい感じのブリブリサウンドを出していたのが印象深いです。

tmge8

クハラカズユキは同じカノープスのセットの様ですが、ドラムは詳しくないので同じかどうかは分かりません。間近で見るとキック等はそれほど大きい口径のものでは無かったのかな…という印象です。まあこの手のバンドであまりどデカい口径のキック使ってる人は少ないかもですが。

tmge9

 

ミッシェルといえばモッズスーツ。こちらは確かアベフトシが着用していたスーツだったと思います。

tmge11

 

歴代Tシャツも展示されていました。私が持ってる・持ってたTシャツもチラホラ。

tmge12

 

グッズ等も沢山あって、今でも家にあるものも結構ありました。ちょっと懐かしい。
デモテープなんてちょっとレア?な物まで展示されていました。

tmge13

 

 

会場の奥ではプロジェクターでライブ映像が流されていました。私が行った時はデビュー直後〜3rdアルバム「チキン・ゾンビーズ」あたりまでのライブ映像が流れていました。プロジェクター前の座席ではちょっと涙を浮かべて眺めている女性も。

tmge14

ライブ映像には1996年とありましたので、 私は17歳くらいでしょうか。多分高校二年生とかだと思います。ちょうどミッシェルと出会ったばかりで衝撃を受けまくってる頃ですね。「懐かしい」とか「解散して残念だなぁ」とかいう感情よりも、身体が反応して動き出してしまうのは高校二年生の頃と何一つ変わりません。今でも懐メロじゃなく現在進行形として聴けるんだから凄いです。




一緒に行った先輩は本当は4thアルバムの「ギヤ・ブルーズ」に収録された「ダニー・ゴー」という曲が聴きたかったらしいんですが、残念ながら行った時はその時期の映像が上映されていませんでした。


 

 

その昔シングル「バードメン」リリースでHEY!HEY!HEY!に出演した際に、一般的なアーティストはシングル曲を一曲のみ演奏して終了だったんですが、バードメン演奏後、そのまま「ハイチャイナ」のイントロを演奏しながらCMに突入するというライブスタイルの演出で度肝を抜かれたのを憶えています。

以下は収録時に演奏されたライブのノーカット映像。ロシアン・ハスキーまで演奏してたんですね(笑)

上記のライブ映像が全国放送でお茶の間に流れたっていうのも個人的には凄いんですが(ギターソロ弾いてないしw)、ミッシェルのTV出演で最も伝説的なのは「ミュージックステーション tATuドタキャン事件」でしょうか。残念ながらYouTubeにアップされていた当時の映像は著作権の絡みで削除されてしまったのか見つかりませんでした。ダイノジの大谷ノブ彦のオールナイトニッポンでそのエピソードに触れていましたので、その動画へのリンクを貼っておきたいと思います。

 

 

会場には訪れた人が自由にメッセージを書き込める横断幕みたいなものがありました。

tmge15

 

流石に全てのメッセージは見ていませんが、愛にあふれたものが多かったと記憶しています。
というわけで、私も。

tmge16

シンプルに「LOVE」と書きました。一応名前も。

 

 

最後にセットの前で記念撮影。思いっきり目つぶっとるがな。

tmge17

帰りに娘にバスタオルを買って帰りました。

tmge18

ちょっとロックな柄だったので気に入ってもらえるか不安でしたが「あ、ガイコツ♪」とニコニコしておりましたので大丈夫そうです。

 

だいぶ昔になりますが、実は以前に偶然ミッシェルのメンバーにお会いして、握手・少しお話してもらった事があるんですが、何というか…威圧感みたいなオーラはあまり無くて「兄貴」的な感じでした。また会いた…いや、会わなくても充分ですかね(笑)

ミュージアムは10月20日までやっているそうですので、もし興味のある方は是非。

 


 

 


【1歳9ヶ月】イヤイヤ期がやってきた

  • 投稿日:2013/10/13

先日、娘が1歳9ヶ月を迎えました。

0〜3歳くらいの子供は個人差が大きいというので断定的なことは言えませんが、ほぼ大人との会話が成立するほど喋ったり家事の真似事にような事ができる様になったのは、我が子ながら順調かつ早めの成長が見られて嬉しく思うのです。

周りから「お話できるようになるの早いね」と言って頂ける反面。
思っていたより早くやってきたアレ。

イヤイヤ期

もっとね、なだらかに来るんだと思っていたんですよ。徐々に自己主張が強くなるというか反抗的になるというか。ちょっとずつ意志が強固になってきて「あ、だんだん時期になってきたかな?」と感じるもんだとばかり思っていました。

 

ある日突然きたんです、イヤイヤ期

「1歳9ヶ月になりました!やったね!」って言ってた日の翌日くらいかな。もういきなり。ガツンと。

 

私は育児の専門家でもなければ小児科医でもありませんので、実際のところは分かりませんよ?もしかしたら親が気づいていないだけで前兆はあったのかも知れません。
しかし、実感としてはある日突然にやってきた感じです。「ラブストーリーは突然に」みたいなドラマチックさ。何これ。カンチもクリビツだっつーの。

「これはイヤイヤ期ってやつだ」とはっきり認識できるほど、明確だったんですね。
で、よく「魔の2歳」っていうじゃないですか。ちょうど2歳くらいにイヤイヤ期を迎えるので、それだけ大変っていう。それは先輩パパママの友人たちから「覚悟しとけよ」と念押しされていたので、正直心構えだけはしてたつもりだったんですけどね。

 

つか3ヶ月早くね?

と。まだ1歳9ヶ月じゃんと。
お前、出産予定日から1週間遅れるわハイハイ始めるの遅いわだったし、どっちかっていうとノンビリ屋キャラじゃなかったっけ?いつキャラ変更した?と詰め寄りたくなるほど。ボーナス時期に引き落とされるようにカード切ったと思ったらボーナス前に引き落とされちゃったよワハハ(涙)みたいな感じ?

 

まー来ちまったもんはしゃーねーな。追い返す訳にもいかねーし一先ずお茶でもどうぞとお出迎えしたかったんですが、ここまで激しいとはね、思いませんでした。せいぜい「やだ!」って言い続けるだけかと思ってました。

 

何?オムツはかないって

 

イヤイヤ期が華麗なるスタートをきったその日、嫁からLINEで飛んできた泣きの一報がそれでした。

長女さん。下半身露出で生活したいと。そうおっしゃいますか。え。
半端に上だけ着てるぶん「裸族」なんて上等なもんじゃなく「痴女」だぞと。

 

そんな説得を試みても、馬の耳にイルマティックリリック、のれんにウエスタンラリアット、ぬかにスカーレットニードル(by蠍座のミロ)なわけでして。全くもって通じない。あれ?大人との会話できるんじゃありませんでしたっけ?

 

会社から帰宅したら嫁がもう半ギレの半泣き。心中お察し致します…

この母娘喧嘩みたいな空気マジでやめて

頑張って仕事から帰ってきてコレは勘弁。とりあえず娘の面倒を見て嫁と娘の距離を保ちます。娘は私が帰ってきて気分転換になったのか割と良い子になったんですが、それでも泣きだすと大変でして、こりゃ嫁も泣くわと。

声にならない声で絶叫して、これでもかってくらい泣くわけです。最初はこりゃイカンと少し真正面から止めにかかってみたんですけど逆効果でして、更にデカイ声で大号泣。お前まだ変身残してたんかと。

 

 

じゃあ泣く原因を突き止めてやろうと。なぜオムツはきたくないのか、なぜ着替えが嫌なのか。

しかし

娘「いやっ…うぇっ…うぇっ…あっ…ひう…ビエエエエエエエエエ!!!!」

泣いてばかりでわかりませぬ。文字起こしすると喘ぎ声にも見えますがそんなに生優しくないでござる。
何かで気を引こうとヌイグルミやオモチャをチラつかせたりお茶を飲ませようとしてみたりますが全滅。
っていうか

本人もなんで泣いてるか分からなくなってるねコレ

もう大パニックです。

 
それでも何とか落ち着かせて、機嫌も直った頃。娘が嫁に

娘「ごめんね?」

嫁号泣。

 

我が家は愛と涙で溢れております。
パパはそろそろ晩ご飯を食べたい。よろしいでしょうか?

 

思えば娘が産まれた日。
授乳が上手くいかない嫁と上手くおっぱいを吸えない娘が大号泣で大変でした。

思えば嫁と娘が家に帰ってきた日。
夜中に泣きだす娘となだめる嫁が涙涙で大変でした。

また試練がやってきました。
でも今までも皆で乗り越えてきたのです。きっと今回も。これからも。

 

だからね。娘よ。

 

パパの晩ご飯を横取りしないでおくれ。