Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Tag Archives: バンド

久しぶりにライブやります

  • 投稿日:2016/07/05

以前に記事を書きましたが、ひょんな事から再びバンドマンとして(ユル〜く)活動をすることになりました。昨年の終わりごろからボチボチとですがスタジオリハーサルを重ね、ついに…!ついに…!

 

 

ライブやりまーーっす!

 

 

 

2016年7月10日(日) @ 町田SDR
OPEN : 15:00 / START : 15:30
前売り : 2000円 / 当日 : 2500円
[出演]
・440
・中村 啓士
・LiFE IS PUSSiES
・The Railroad Steel
・トランヂスター
・ジェブキンズ
※入場時に別途ドリンクチャージ500円がかかります

 

もう一週間切っちゃったのでご予定が決まってしまったよ…!という方も多いかと思いますが、もしお時間の都合があう方は是非遊びにいらして下さい。週明け月曜の仕事に響きにくい、早めの昼過ぎスタートです。
チケットのご予約はオフィシャルサイトやFacebookのイベントページでお願いします!

 

440 オフィシャルサイト
http://4-40.info/

440 Facebookページ
https://www.facebook.com/440jp/

 

そうそう、Twitter等では告知してましたがバンド名も決まったのでした。

バンド名は「440」

11218869_1544758812492360_2909880506948241292_n

特に決まった読み方を決めてる訳じゃないんですが、我々メンバーは「ふぉーふぉーてぃー」と呼んでおります。このバンド名の由来は色々あるんですが、長くなるとアレなので割愛します。

 

セットリストは当然、当日までのお楽しみではありますが、映画バックビートで流れている様な純度高めなロックンロールナンバーをプレイします。

 

歌詞は頭に入ってこないわ、髪の毛は細くなって上手くセット出来ないわ、数曲歌うとゼーゼーするわ、もう演奏っていうよりリハビリに近いんですが…。そんなアラフォー世代のオッサン達でもこんなに楽しめるんだよっていうのを感じてもらえたら最高です。

 

お待ちしてますー!

 

 

 

 


ライダースジャケット再び

  • 投稿日:2015/11/22

先日、昔からのバンド仲間(酔っぱらい)から電話がありバンドをやることになりました。恐らく5〜6年ぶりくらいになります。バンドといってもオリジナル楽曲でライブ等をガツガツやっていくバンドではなく、ゆる~いペースのいわゆるオヤジバンドですね。

 

誘ってきた張本人は八王子を中心に活動するロックンロールバンド・ヤングマンサイコブルースのベーシスト、ワタナベ・ヤング・ヨシオ。彼の趣味全開で「Backbeat(バックビート)」という映画のサントラをカバーすることになりました。
この「Backbeat(バックビート)」という映画は、ハンブルグ時代のビートルズとビートルズ初期メンバーであるスチュアート・サトクリフを描いた作品で、そのサントラに収録されているのは当時ビートルズがカバーしていたと言われるオールディーズの名曲たちです。

△こちらはリトル・リチャードの名曲「ロング・トール・サリー」をカバーする劇中のビートルズ。ポール役のゲイリー・ベイクウェルのタレ目具合がポールによく似てます。


 

 

 

 

当時のビートルズは、よく知られるマッシュルームカットに揃いのスーツというアイドルチックなイメージとは違い、革ジャンにリーゼントというコテコテのロックンローラーな出で立ちでした。

そんなハンブルグ時代のビートルズ大好きなヨシオ君の提案で

「バンドはライダースで!」

とのおふれが。

 

 

もうライダースもってないよ…と言っても、酔っぱらいに通じる訳がありません。リーゼントで革ジャン、これしかねえと。とっても面倒くさかったので断ろうか少し考えましたが、ひとまず一旦受けてみることに。

とはいえ、私も妻子持ちの身。「やっぱライダースといえばルイスレザーだぜ!」とはいかないのであります。革製品は思いっきり価格高騰中ですしね。

 

そんな余裕の無い家計に優しいライダースがあるんですね。

Beauty&Youth

ユナイテッドアローズ・ビューティ&ユースのラムレザーライダースジャケット。

アウトレットで購入したのでとってもお安く買えました。さらにラムレザーで柔らかいので肩こりが酷いアラフォーオヤジにも優しい仕様です。


 

 

 

ライダースを新調し、ギターも直し、記憶力の低下した脳みそに歌詞を叩き込んで、いざセッション初日。気合を入れてライダースを着込んでいった私の前に現れたのは、ボーダー柄のTシャツに身を包んだヨシオ君とU-1A兄貴(ゴーグルA)だったのでした。革ジャンなんてどこにも無かったのでした。

 

ボーダー柄流行ってんのか…。