Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Tag Archives: フルブローグ

宮城興業 内羽根フルブローグ

  • 投稿日:2015/08/07

仕事で履いている革靴はどれも既成品ですが、これはパターンオーダーです。
靴好きの間では結構有名(?)な「宮城興業」のパターンオーダー靴「和創良靴」です。

11099719_875760175816690_3385978642688708222_n
△写りたがりの娘と宮城興業製フルブローグ

宮城興業はリーガル等のOEM生産を行っている靴メーカーで、既製靴ブランド「MIYAGIKOGYO」も雑誌などで頻繁に取り上げられています。革製品は関税が高いのと代理店等の中間マージンがかかるので、インポートブランドの革靴に比べて国産靴が単純に価格で比較した場合は安くなる傾向はあるかも知れません。

 

 

アッパーは標準のキップレザー。オプションで仏・アノネイ社のレザー等に変更する事も出来るようです。レザーの品質には賛否ありますが、価格を考えれば妥当なクオリティという印象。最近の価格高騰を考えればむしろ頑張ってる方かも知れません。

miyagi2

キップレザーだから割と堅いかな…と思ってましたが、そうでもなかったです。若干厚みが感じられない気もしますが…特に問題はありません。

色は焦げ茶。出来上がった当初はあまり色気を感じられず、こんなもんか…と思ってましたが…
▽(撮影環境がよくない)出来上がり当初の写真。またしても娘に履かれる。
miyagi1

サフィールノワールクレム1925の黒を使って、ムラ覚悟で磨きまくってたら割と良い感じの表情になりました。アベル社マジ感謝です。

11084263_856675954391779_1458788738038840421_n


ソールは「TUFF STUDS」と刻印の入ったダイナイトソール風ラバーソール。ダイナイトソールよりも柔らかい印象です。

miyagi3

 

ジャケパン・スーツどちらにも合わせやすい内羽根フルブローグにしました。パターンでいうとESシリーズの「長」というモデルですね。当初セミブローグにしようかと思ってたんですが…チャーチのセミブローグ「ディプロマット」が欲しくて、もし宮城興業でセミブローグをオーダーしてしまうと嫁に「じゃあディプロマットは要らないね」と言われてしまいます。まあビジネスシューズって基本的に同じような靴になるんですが…。
▽チャーチ「ディプロマット」(これめっちゃ欲しいですすす!!)

 

和創良靴は宮城興業にダイレクトでオーダーすることは出来ません。オーダーするには「販売店」と呼ばれる販売代理店を経由することになります。オーダー価格は販売店によって異なるため、例え同じオーダー内容だとしても販売店ごとに価格が違ったりします。多少高くても自分と相性の良い販売店にするか、最安値の販売店を選ぶかは、考え方次第ですね。

私がオーダーしたのはこちらのお店。浅草の「ニューハートランド」です。

ニューハートランドGoogle Mapストリートビューより

 

浅草のゴチャゴチャした賑やかな商店街の中にあるこのお店。実際に行ってみると分かりますが、大手百貨店の靴売り場などとはまさに対極的な店構え。正直ここでオーダー靴が出来るとは思えませんでした。初めて行った時、所々に貼られた「閉店セール」のポップを見て不安になり、店主らしき年配の男性店員に尋ねたところ

「んあ?閉めねえよ?」

というこれまたファンキーなお答えが返ってきました。これって景品表示法違は…ムグムグ…。

 

サイズ確認は「ゲージ靴」と呼ばれるサンプル靴を履いて行います。注意したいのは、販売店によっては全てのウィズ・サイズのゲージ靴が揃っているとは限らないらしく、もし自分のウィズ・サイズのゲージ靴が販売店にない場合は、取り寄せてもらうか前後のウィズ・サイズのゲージ靴を履いて推測する必要があります。

またゲージ靴のフィット感からすると若干大きめに出来る傾向があるらしく、その辺りは販売店のスタッフとよく話し合った方が良いかも知れません。ちなみに私は最初に出来上がった時にウィズが大きすぎて一段階近く下げるよう修正してもらいました。修正についても宮城興業と直接やり取りはせず販売店を通すことになるので、あまり自宅から遠い販売店だと交通費がかさむかも知れません…。

ウィズ・サイズともに合ってるけど片足の指が当たる…なんて時は、製造段階で予め当たる箇所だけゆとりが出来るようにする事も可能だそうです。

お近くに販売店がない場合は、インターネットで販売しているところもあります。
▽ネット受付をしている販売店「くつ家ともだ」さん

みんなの「友郎」MD-02 Vチップダービー

みんなの「友郎」MD-02 Vチップダービー
価格:44,280円(税込、送料込)

 

アッパーの伸びやソールの馴染みも考慮するとフィッティングは若干緩めな気もしましたが、半年以上履いてみて意外と良い感じのフィッティングをキープしています。あまり極端に靴底が沈んだ感じはしないでしょうか。ヒールカップは少し大きめな印象で、スッポ抜ける様な事は無いものの少々ホールド感が弱い気はします。

販売店のスタッフに「どうせオーダーするんだから」と勧められて、裏革とソックをグリーンにしたんですが…。これのせいか製造工程で使用する接着剤のせいかどうか分かりませんが、なんかめっちゃインクっぽい臭いがしました。臭いが気になる方は2日ほど風通しの良いところに置いておくと良いかも知れません…。

miyagi4

 

スーツでも何でもそうですが、オーダー品が最初からバシッと納得出来る仕上がりになることは稀です。何度かオーダーする中で調整を重ねて、やっと納得の仕上がりになるという事の方がほとんどだと思います。そういう意味では初回にしてはまあ割と上手く行ったのかな…とも思います。
また機会があれば2足目を注文してみたいと思います。