Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Tag Archives: ブラシ

1万円以内で買える7つの男性向けギフトネタ

  • 投稿日:2017/06/12

父の日W」とGoogle検索すると「いつ」という検索候補が出て来るんですが、父の日って微妙に存在感薄いんでしょうか。私の父は運悪く(?)誕生日が6月なので、父の日と誕生日のギフトがセットになる宿命を負っています。本人は気にしてないと言いつつも時々ボソッと何かを呟きます。

 

 

私も私の父もそうですが、男というのはナカナカこだわりが強い生き物らしく、母や妻から『ギフト選びに困る』というクレームを時々聞きます。異性から見ても面倒臭い男のこだわりですが、私が父に贈り物する時も結構悩むので、本気で面倒臭いんだと思います。

また父の日ギフトというと、予算的には誕生日やクリスマスほどではないというケースも多いらしく、女性より単価が高くなりがちなメンズアイテムを選ぶ際は予算面も更に頭を悩ませる種になる事が多々あります。

 

 

 

というわけで

・男性目線で見て貰ったら嬉しい

・買い物に行く暇がなくてもAmazonで注文できる

・予算1万円以内

という条件のもと、幾つかアイテムをピックアップしてみました。

 

なお、この手の記事を書くたびに申し上げていますが、これは決して『私の欲しいものリスト』ではありません。ごく一般論としてのギフトネタですので、くれぐれも誤解なさらない様にお願い致します。
もちろん何かの間違いで私宛に贈って下さった場合は、それはもう事故として割り切る所存ですので、甘んじて受け取らせて頂くぞ!という心構えは出来ております。万が一私へのギフトを買ってしまったので送りたいという方は、下記のメールフォームからご連絡下さい。

あらたへのギフト受付メールフォーム

 

 

1.文具

高級万年筆は流石に予算オーバーだとしても、ボールペンやノートなら色んな選択肢が。デジタルが当たり前の時代に、思わず手書きしたくなる文具なんてどうでしょう。ちなみに高級文具ともなると、書き心地・耐久性に優れたものが増えてくる様です。デザインも高級感があるのでドヤ顔できます。

万年筆の元祖とも言われるウォーターマンのボールペン。材質も頑丈な真鍮製。

カラーバリエーションも豊富。特徴的なクリップのPARKER。

万年筆でもボールペンでもシルクの様に滑らかな書き心地のアピカのノート。

適度に表紙が硬いので、外で書くのにも適しているキョクトウのノート。

裏写りしにくいマルマン ニーモシネとホルダー等のセット。

 

 

2.扇子

ちょうどこれから暑い季節。携帯しやすい暑さ対策グッズの代表格、扇子。多少派手でも扇子なら嫌味が無いのではないでしょうか。2つ買ってあげれば応援団ごっこもできます。

1718年創業の京都の扇子店・白竹堂の扇子。桐箱入りなのでギフトにピッタリ。

ちなみに白竹堂は同じく京都の先進的な和服ブランドSOU・SOUともコラボしています。
http://sousounetshop.jp/?mode=cate&cbid=146645&csid=430

 

こちらは東京は神田の新京清堂のモダンなアルミフレームの扇子。スーツにもピッタリ。

 

 

3.肌着・靴下

肌着や靴下は見えにくいぶんだけ、なかなかお金をかけないことも多いアイテム。それだけにギフトで良い物を送られると嬉しいものです。浮気防止にイルマニアが履いてそうな恥ずかしい下着を贈るという猛者もいるらしいですが、今回は男性が貰って嬉しいという条件なので割愛します。

最近雑誌でも見かけるグンゼのSEEKシリーズ。縫い目が浮き出にくいシームレス。

英国チャールズ皇太子も愛用するというスイスの肌着ブランド・ヅィメリー。

 

丈夫で履き心地も良いと評判のハリソン。こちらはスネが見えにくいロングホーズ。

滑らかな質感のタビオのシルク混のソックス。私も愛用しています。

 

 

4.ハンガー

相手がオシャレであればあるほど、普段身につけるものは贈りにくいもの。そんなオシャレさんには愛用する服を大事にできるハンガーもオススメです。何気に私は今これがとっても欲しいです(強調)

ジャケットの肩をしっかり支えて型崩れを防ぐ、ナカタハンガー。

ネクタイ好きの方にはこちら。同じくナカタハンガー。

ナカタハンガーのスカーフハンガーは女性にも。

木製のように高級感がありつつ、軽い樹脂で出来たマイネッティのハンガー。

 

5.洋服ブラシ

ハンガーを紹介したのでこちらも…ということで、洋服用のブラシです。服をキレイにするだけでなく、ブラッシングで程よく空気を通すことで生地の持ちも良くなり、家計にもいい影響があるかも…かも…?

英国王室御用達のKENTのブラシ。比較的柔らかめの白豚毛なのでスーツにも。

和服やシルク製などの特にデリケートな服には山羊毛ブラシ。帽子用ブラシでも有名なレデッカーです。

しっかりしたツイード生地等にしっかりホコリ取りできる黒豚毛。日本の老舗・江戸屋ブラシです。

 

6.キーホルダー・キーケース

名刺ケースはそれほど簡単に壊れませんが、キーホルダーやキーケースは何度も触るので段々傷んできたりします。時々ギフトで頂けると嬉しかったりします。

薄型ウォレット等でも定評のあるFAROのコンパクトなキーケース。

高い品質で知られるPORTERのレザー製キーケース。

キーホルダーにもピッタリの、イギリスはグレンロイヤルのシューホーン。

ベルトにもつけれるシンプルなキーリング。コストパフォマンスの高いHERZ製。

 

7.傘

ちょうど梅雨入りしたということで傘も良いかも知れません。個人的には折り畳み傘の方が使用頻度が高いんですが、長傘の方をよく見かける気もします。

三つ折りで開くと思った以上に大きいので、体格の大きな男性でもピッタリのトーツの折り畳み傘。

英国王室御用達の傘ブランド・フルトンの長傘。

人気ブランド・マッキントッシュフィロソフィーの傘。生産しているのは高品質な傘を作る日本のムーンバット社。

 

やっぱり私の欲しいものリスト感ありますが、きっとそれは誤解です。

せめてリンクから買い物してアフィリエイトでお金落としてくd(本音

 

 

 

 

 


帽子のお話〜ハット用ブラシが色々と捗る〜

  • 投稿日:2013/02/06

最近かぶる帽子といえば、フェルトハットかニットワッチくらいのもんで、昔みたいにハンチング・キャスケット等はあまりかぶらなくなりました。まぁ普段着が和装ですのでカジュアルなキャップ類を合わせるのはハードルが高いんですよね。単純にフェルトハットが好だというのもありますが。

 

初めて買ったフェルトハットはどこのブランドのものだったか覚えていませんが、3000円台くらいの安い中折れ帽だったと記憶しています。流石に15年近くくらい昔なので今はもう持っていませんが、結構気に入ってかぶってました。

 

さて、私が現在持ってるフェルトハットたちです。

本当はもう少しあるんですが、棚の奥のものは出すのが面倒だったので写真には写っていません…。
左上から時計回りに

・CA4LA 15周年ビッグマウンテンハット
・CA4LA 4.5 マウンテンハット
・NOブランド品
・レッターカッティングボーラーハット
・Edo Hat
・忘れました

です。

ほとんど黒かネイビー系のダークカラーのものばかり。一度血迷って白いフェルトハットを試着してみましたが、あまりの似合わなさに憤死しました。

 

ダークカラーのフェルトハットをお持ちの方はご存知でしょうがホコリがメチャクチャ目立ちます。きっと衣類等から出てる繊維が原因なんでしょうけど、白っぽくて目立つんですよね。

フェルトという素材はウールを圧縮して作るので、ホコリなどが繊維の間にはさまるように付着しやすい傾向があります。少しでもホコリっぽい場所に置いておくと、まるで星たちのようにホコリが点々と付いてしまいます。このまま放っておくとどんどんホコリが溜まり、全体的にくすんでしまったりします。

 

ホコリを除去するのに粘着クリーナー、いわゆる「コロコロ」とかを使うんですけど、表面のホコリは除去できても繊維の奥まで入り込んでしまったホコリの場合は除去するのは難しいです。

 

で、私も帽子用ブラシを購入しました。CA4LAのオリジナルブラシだそうです。

毛は柔らかな馬毛。サイズは25cm(ブラシ部分は15cm)ほどのもの。お値段は3,800円くらいでした。高いのか安いのか知りませんけど。

▽1万円近くするようなブラシもあります…!ゴクリ…

 

 

で、実際使ってみると…かなりホコリ取れます。マジで!

いやーもうコロコロなんざ目じゃないよってくらい奥に絡みついたホコリが綺麗に取れます。やはりブラシの毛先が繊維の間に入り込むんでしょうね、表面だけを撫でるコロコロとは全然違いますね。

このブラシは馬毛ですが、他にも固めでハリがある豚毛ブラシ等があります。帽子の素材がしっかりした生地のものでしたら、豚毛の方が向いているかも知れません。


 

帽子用のブラシはこのようにカーブしています。このカーブがあることで、丸みを帯びた帽子の形状にフィットして隅々までブラッシングできるんですね。一般的な洋服ブラシはカーブしていない事が多いので、丸みのある部分のブラッシングが難しかったりします。

 

 

せっかく買った帽子ですから、綺麗に使いたいですよね。

ちなみに、ちょっと文脈上コロコロについて否定的に書きましたが、表面のホコリをサッと除去するのには便利です。もし粘着力が強くて生地を痛めないか心配…と言う時は、ホコリ等がついていない布などに一回使って粘着力を弱めてから使うと、帽子の生地を痛めずに済みます。