Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Tag Archives: 横取り

【1歳9ヶ月】イヤイヤ期がやってきた

  • 投稿日:2013/10/13

先日、娘が1歳9ヶ月を迎えました。

0〜3歳くらいの子供は個人差が大きいというので断定的なことは言えませんが、ほぼ大人との会話が成立するほど喋ったり家事の真似事にような事ができる様になったのは、我が子ながら順調かつ早めの成長が見られて嬉しく思うのです。

周りから「お話できるようになるの早いね」と言って頂ける反面。
思っていたより早くやってきたアレ。

イヤイヤ期

もっとね、なだらかに来るんだと思っていたんですよ。徐々に自己主張が強くなるというか反抗的になるというか。ちょっとずつ意志が強固になってきて「あ、だんだん時期になってきたかな?」と感じるもんだとばかり思っていました。

 

ある日突然きたんです、イヤイヤ期

「1歳9ヶ月になりました!やったね!」って言ってた日の翌日くらいかな。もういきなり。ガツンと。

 

私は育児の専門家でもなければ小児科医でもありませんので、実際のところは分かりませんよ?もしかしたら親が気づいていないだけで前兆はあったのかも知れません。
しかし、実感としてはある日突然にやってきた感じです。「ラブストーリーは突然に」みたいなドラマチックさ。何これ。カンチもクリビツだっつーの。

「これはイヤイヤ期ってやつだ」とはっきり認識できるほど、明確だったんですね。
で、よく「魔の2歳」っていうじゃないですか。ちょうど2歳くらいにイヤイヤ期を迎えるので、それだけ大変っていう。それは先輩パパママの友人たちから「覚悟しとけよ」と念押しされていたので、正直心構えだけはしてたつもりだったんですけどね。

 

つか3ヶ月早くね?

と。まだ1歳9ヶ月じゃんと。
お前、出産予定日から1週間遅れるわハイハイ始めるの遅いわだったし、どっちかっていうとノンビリ屋キャラじゃなかったっけ?いつキャラ変更した?と詰め寄りたくなるほど。ボーナス時期に引き落とされるようにカード切ったと思ったらボーナス前に引き落とされちゃったよワハハ(涙)みたいな感じ?

 

まー来ちまったもんはしゃーねーな。追い返す訳にもいかねーし一先ずお茶でもどうぞとお出迎えしたかったんですが、ここまで激しいとはね、思いませんでした。せいぜい「やだ!」って言い続けるだけかと思ってました。

 

何?オムツはかないって

 

イヤイヤ期が華麗なるスタートをきったその日、嫁からLINEで飛んできた泣きの一報がそれでした。

長女さん。下半身露出で生活したいと。そうおっしゃいますか。え。
半端に上だけ着てるぶん「裸族」なんて上等なもんじゃなく「痴女」だぞと。

 

そんな説得を試みても、馬の耳にイルマティックリリック、のれんにウエスタンラリアット、ぬかにスカーレットニードル(by蠍座のミロ)なわけでして。全くもって通じない。あれ?大人との会話できるんじゃありませんでしたっけ?

 

会社から帰宅したら嫁がもう半ギレの半泣き。心中お察し致します…

この母娘喧嘩みたいな空気マジでやめて

頑張って仕事から帰ってきてコレは勘弁。とりあえず娘の面倒を見て嫁と娘の距離を保ちます。娘は私が帰ってきて気分転換になったのか割と良い子になったんですが、それでも泣きだすと大変でして、こりゃ嫁も泣くわと。

声にならない声で絶叫して、これでもかってくらい泣くわけです。最初はこりゃイカンと少し真正面から止めにかかってみたんですけど逆効果でして、更にデカイ声で大号泣。お前まだ変身残してたんかと。

 

 

じゃあ泣く原因を突き止めてやろうと。なぜオムツはきたくないのか、なぜ着替えが嫌なのか。

しかし

娘「いやっ…うぇっ…うぇっ…あっ…ひう…ビエエエエエエエエエ!!!!」

泣いてばかりでわかりませぬ。文字起こしすると喘ぎ声にも見えますがそんなに生優しくないでござる。
何かで気を引こうとヌイグルミやオモチャをチラつかせたりお茶を飲ませようとしてみたりますが全滅。
っていうか

本人もなんで泣いてるか分からなくなってるねコレ

もう大パニックです。

 
それでも何とか落ち着かせて、機嫌も直った頃。娘が嫁に

娘「ごめんね?」

嫁号泣。

 

我が家は愛と涙で溢れております。
パパはそろそろ晩ご飯を食べたい。よろしいでしょうか?

 

思えば娘が産まれた日。
授乳が上手くいかない嫁と上手くおっぱいを吸えない娘が大号泣で大変でした。

思えば嫁と娘が家に帰ってきた日。
夜中に泣きだす娘となだめる嫁が涙涙で大変でした。

また試練がやってきました。
でも今までも皆で乗り越えてきたのです。きっと今回も。これからも。

 

だからね。娘よ。

 

パパの晩ご飯を横取りしないでおくれ。