Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Tag Archives: 地下足袋

2015年のお買い物を振り返って

  • 投稿日:2015/12/31

今朝、駅前ですれ違いざまにオッサンが「サンマ」とつぶやいていきました。年末ですね。
このブログも靴や服ネタ中心になってきたので、今年の印象深いお買い物を色々と振り返ってみようと思います。
※時系列とかはバラバラです

 

■ソブリンハウスのスーツ
ソブリンハウス
普段はなかなか手が出ない、ユナイテッドアローズの中でもハイエンドな業態「ソブリンハウス」のオリジナルスーツです。今年はこういうオトナなアイテムに惹かれたなあ…。詳細はまた気が向いたら書きます。

 

 

 

■NIKE エアリフト
ナイキエアリフト
今年復刻版(別名・おっさんホイホイ)としてリリースされたNIKEの伝説的な足袋型スニーカー。若き日の憧れのアイテムでした。
最近は革靴か地下足袋ばかりで、スニーカーなんて本当に久しぶりだったんですが、これならSOU・SOUスタイルにもハマりますし、わざとセットアップスーツのハズしとしても使えます(一般的なビジネススタイルではアウアウ)。

 

 

 

■グンゼ SEEKのアンダーウェア
11221364_913650728694301_7331781491512928741_n
雑誌や各メディアでも多く取り上げられらているグンゼの高級アンダーウェアです。カットオフ(切りっぱなし)加工で下着の線が浮き出たりせず、また縫い目が当たるストレスが無いという物です。

SEEKの下着を買ってみました

正直しょっちゅう買える値段ではないんですが、冬に妻からパンツの方もプレゼントしてもらいました。これ贈答品に丁度良いかもです(訳・買ってくれ)。

 

 

 

 

■SOU・SOU 陣風靡
陣風靡
今年SOU・SOUから出た新作メンズ商品。フロントのボタンが特徴的なシャツジャケット的なアイテムです。

SOU・SOUの中では比較的「洋服」寄りなイメージでしょうか。個人的にこの辺の洋服と和服の橋渡しになる様な商品があると、普段洋服しか着ない人が和服の世界に入りやすいんじゃないかな…と思っております。

 

 

 

 

■オリエントスター
オリエントスター
ビジネスマンたるもの腕時計の一つでも…と購入した腕時計のうちの一本です。私には初の機械式腕時計です。詳細はまた後日…。


 

 

 

 

■SOU・SOU 自力足袋
レザー地下足袋
品薄状態が続いていましたが遂に一旦廃盤となるそうで、慌てて嫁用と私用と二足購入しました。SOU・SOUの足袋の中では個人的に一番気に入ってるアイテムなので、できればまた復活して欲しいです…。

 

 

 

 

■宮城興業フルブローグ
11099719_875760175816690_3385978642688708222_n
初めてのパターンオーダー革靴。二足目はまだ作ってませんが、一足目のこの子が大活躍してるので来年あたり作りたいなあ〜と思っています(嫁様宛)。

 

 

■FREAKS STORE パジャマシャツ
FREAKS STORE
何気にクソ使えます。暖かいです。合わせやすいです。私より嫁の方が使ってます。

 

 

 

 

 

■Beauty&Youth ロングカットソー
陣風靡(再)
何気にクソ使えます。SOU・SOUに合わせるだけでストリート感出ます。もう一枚欲しいです。

 

 

 

 

■Beauty&Youth ライダースジャケット
Beauty&Youth
また新しく始めたバンド用に買ったんですが、他のバンドメンバーが一向にライダースを着て来ません。ライダースジャケットきてやろうぜ!って言ってたのに!Yシオ!

ライダースジャケット再び


 

 

 

 

他にも色々書きたいものがあるんですが、もう力尽きました。
年越しそば食べたいので来年に持ち越します。

 

 

 

んがんんー!

 

 

 

 

 


 

 

 


地下足袋園児、爆誕

  • 投稿日:2014/12/15

あまりにブログを更新しなさすぎて、自分でもブログがあることを忘れかけていました。

ブログ休止状態に陥る前に「スーツのうんちゃら」っていう、今思えばしょーもないレクチャー記事(笑)を書いていましたが、本当にしょーもないし今のご時世ググればなんぼでも素晴らしい情報は出てくるので全部削除しました。楽しみにしていた方なんて居ないと思いますが、もし少しでも読んでいた方がいらっしゃいましたらスイマセン。

 

以前にも書きました通り、プライベートではSOU・SOUという京都のブランドの服を好んで着ております。和服ベースなせいもあってか着心地も楽ですし、地下足袋も最初こそ慣れないものの慣れてしまえばそこらのスニーカーよりも力が入りやすくて楽です。

親バカが爆裂して娘にも地下足袋を履かせてやりたくて、SOU・SOUに娘のサイズが無いもんだからと祭り用の地下足袋を買っては布ペンで絵を描いてあげる様になりました。

20131027-DSC_1091

 

そんな娘も来年の春からは幼稚園!でっかくなりました!重い!重いんだコノヤロー!

決してお坊ちゃま・お嬢様系のハイエンド私立じゃないとは思うのですが、娘が通う予定の幼稚園にも一応「制服(クレヨンしんちゃんみたいなやつ)」というものがありまして、幼稚園に入ったらその制服を着て通うことになります。

一式で25000円しやがります。相場的には安いほうかも知れませんが。
そんな娘の制服の話をしていて、ふと浮かんだ疑問。

地下足袋ってOKなの…?

現代の傾奇者を自称する根っからの社畜パンクスである私としては「地下足袋通園」は全くもって問題ないわけですけども、そこはやはり一児の父。他の子供たちと一定の「社会性」「協調性」は持ってもらいたいと思うのと、親としても他の保護者の目が気になるわけであります。
悲しいかな、10代・20代と尖りまくったバンドマン時代を過ごしてきたと自負してはいても、事なかれを愛してやまない日本人の血が私の身体にも脈々と流れているのです。

SOU・SOUへショッピングしに行き店員さんに「新作ですよ!」と差し出されたのがロックスターよろしくなオール豹柄の羽織で、以前の私だったら「キメちゃいますか…ニヤリ」だったのが、今となっては「保護者の視線が気になるんです…」という弱体化っぷり。

「もう少し地味にしておきます〜」と遠慮しつつも、自宅のクローゼットを見たら金色に輝く象が乱れ飛ぶ羽織があったりして、シンプルイズベストとは重要であると再確認するわけであります。いや、金色の羽織は着るけどね。

 

地下足袋NGであったらば、我が娘には一体何を履かせるか。やはりスニーカーになるのか。しかし我が子はほとんど地下足袋しか履いてこなかった子です。自分で脱ぎ履きできるのも地下足袋であって、スニーカーなんてよく分かっていないに違いありません。

「地下足袋ばかり履いてたがためにスニーカーの履き方を知らない」

こんな特殊過ぎる悩み、一般的なご家庭のお子様が持つわけありません。今更ながらに我が親ばかの弊害を悔やむことになったわけです。

 

後日、妻が幼稚園に行き恐る恐る「あのぅ〜地下足袋ってどうなんでしょうか…」とお伺いをたてたところ

「自分で脱ぎ履きできるなら問題ないです〜」

という、あまりにもシンプルな回答を頂きまして、我が娘は入園後もしばらくは地下足袋園児として通園することになったのです。

 

いや、スニーカーの一つくらいは買ってやらんとならん。