Atrasi-2079-Vox

フリーランスウェブデザイナーArata-Atrasi-Takamiのブログ。服・靴・育児ときどき開発。

Category Archives: その他雑記

ZOZOスーツがやってきた

  • 投稿日:2018/08/16

皆様もきっと聞いたことがあるであろうZOZOスーツがついに我が家にやってきました。あのアパレル専門ECサイト「ZOZOTOWN」がリリースしたサイズ計測スーツです。注文したのはいつだったでしょうか、思い出してご〜らん〜あんなこと〜こんなこと〜あ〜っ(以下略

Yahoo!ニュウスなどでも取り上げられたのでご存知の方も多いと思いますが、ZOZOスーツは当初の予定からは発送時期が大幅に遅れてしまいました。遅れてしまった原因は色々あると思いますが、大きな要因と推察されるのは以下の様なところでしょう。

  • 初回無料配布に食いついた人が想定以上に多かった
  • 当初のスーツの仕様では生産コスト面や品質面などで問題があった
  • 改善版のスーツの開発や生産準備が遅れた

もともと日本のネット界隈では、ホリエモンなどをはじめIT分野から成功した新しいタイプの経営者に対してはやたらと厳しいというか叩きたがる傾向がある様で、ZOZOTOWNの前澤さんも個人の恋愛事情とか割とクソどうでもいい部分で炎上しがちなところがありました。更に前澤さんは結構チャレンジャーというか凡人のワダスには思いつかない様な事をバカスカやるので、燃やしたいマンたちを更に熱くさせてしまう事が多々ありました。そんなことも手伝ってか、ZOZOスーツの遅れは格好のネタにされてしまったのですね。

 

まぁワダス自身もあまりに発送連絡がこないので、発送遅れますごめんなさいメールが来るたびに注文していた事を思い出すくらい首を長くしないで待ち望んでおりました。別に初回の無料配布分だからそんなに気にしてないんだけどね…。

そしてついに先日ZOZOスーツが私の手元に届いたのであります。

 

こういうハイテク系のものに興味を持つのは、ワダス自身がテクノロジーの発達が著しいIT界隈の人間だからでしょうか。せっかくなら同じコワーキングスペースで働く仕事仲間のみんなにも見せたい!と思い、コワーキングスペースまで持って行きました。

 

察しが良い人は分かると思いますが、こんなスーツを持っていったら当然出てくる声は

「ねぇ、着てみてよ」

間違いありません。そういう事を言う人が1人や2人いてもおかしくありません。想定どおり、イラストレーターのNさんが上記のセリフを一字一句違わずにブッ込んでくれました。

 

とはいえ、ZOZOスーツはサイズ計測スーツという特性上モジモジくんの全身タイツのごとくピタピタにフィットします。つまりワダスのたるんだメタボリックボデーを白日の下に晒すわけです。そんな恥辱プレイを私が進んでやると思いますか?

当然です。やるに決まってるんです。

Nさんの「着てみてよ」を聞いたワダスは口では「えぇ〜ッ!?マジですかぁ〜!?」と言いつつも、内心では「待ってましたよバッチコーイ!」と思っておりました。ワダスがモテない理由の一つがここにあります。

 

 

トイレでZOZOスーツに着替えたワダスはコワーキングスペース内で無事に計測を終え、せっかくだからとコワーキングスペースの外に出てみることにしました。
ちなみに当該コワーキングスペースは、世田谷の高級住宅街の一角にあります。

もう一度言います、世田谷の閑静な高級住宅街です。

 

世田谷の住宅街にZOZOスーツめっちゃ目立つ

 

同じ白黒だけど、道路に寝転んでもまるでカモフラージュされない!

 

住宅街の角からこんにちは

 

 

気になるZOZOスーツの着心地ですが、全身をしっかりと抱擁してくれる感じでとっても熱を逃がしません。この日の東京都の最高気温は38度でした。あともう数分ふざけていたら、きっと私の魂はこの世界にはなかった事でしょう。

 

 


服屋の店員さんに間違えられる

  • 投稿日:2018/08/10

服好きあるあるなのかも知れませんが、行きつけのショップで買い物中に時々店員さんに間違えられます。なんせそのお店の商品を着てたりしますし、好きなお店だと店員さんの格好を参考にしてスタイリングしていたりするので、余計に店員さんに見えてしまうのかも知れません。

そんな「店員さんに間違えられる」事案の中でも特に困った例をいくつか紹介したいと思います。

 

1.逆ギレされる

お客さんがワダスを店員さんと間違えて「これの大きいサイズある?」とか質問してきた時、「いや、ぼく店員さんじゃないんで…」と伝えたら

は?紛らわしいんだけど

チッ…なんだよこいつ

いーだろ教えてくれたって

などと逆ギレされることがあります。間違えた恥ずかしさを紛らわしたい一心でそういうのかも知れませんが、こっちは無茶苦茶不愉快です。一生セロハンテープが上手く切れない呪いにかかって下さい。

 

2.思い込みが激しい

自己紹介した時に「Webデザイナーです」ってちゃんと言ったはずなんですが、なぜか「洋服屋さんですよね」と頑なに認めてくれない人が稀にいます。「いえ、違います」と言っても会話が進むにつれてやっぱり店員さんと誤認されます。逆ギレこそされないんですが、非常に面倒くさいです。

まぁ平日の昼間に娘と遊んでて容貌も自由となれば、シフト制で働く販売員に見えなくもないのかも知れません。いや、まぁ確かに元販売員ではあるんですが…。

何度説明しても聞いてくれないし面倒なので、場合によってはもう販売員って事にしてしまうこともあります。ホント面倒くさいんで、一生ボールペンが途中でインク出なくなって書けなくなる呪いにかかって下さい。

 

3.同業者と思って警戒される

こちらは他のお客さんに間違えられるのではなく、店員さんがワダスをどこかのお店の店員さん・またはアパレル関係者と間違えるパターン。こちらとしては100%お客さんのノリで「サイズありますか?」とか「色違いありますか?」とか聞いてるだけなのに、あからさまによそよそしい時があります。ついには店員さん自ら「どちらかのショップの方ですか?」と聞いてくる事もしばしば。

以前に一度「昔、販売員でした」と正直に言ったら、完全に警戒されてスーッと離れて他のお客さんのところへ行ってしまいました。スパイだとでも思われたんですかね…。それ以来、SOU・SOUの店員さんみたいに割と打ち解けあった間柄でもない限りは元販売員である事も実家が婦人服店である事も言わない様にしています。

まぁ自分も言わなきゃ良かったとは思いますけど、一応お客さんとして来てるんだしあからさまに無視ってナシじゃね?と思うんですが、どうですかね。やっぱちょっとムカつくんで、レジ締めの時に必ず数百円合わない呪いにかかっt(以下略

店員さんに間違えられるってことは、それくらいオシャレに見えるって事でもあるかも知れないな〜とプラスに考える様にはしています。上記の様な不快な人たちは少数派で、大抵の人はちゃんと謝ったり笑ってくれますし。

もし誰かを店員さんに間違えてしまった時は、是非逆ギレなどせずに一言くださいませ。

 

 

 


靴が下駄箱に収まらないので部屋に収納するの巻

  • 投稿日:2018/04/25

靴好きの方ならきっと共感してもらえると思うんですが、私は靴を買っちゃう割になかなか靴を捨てたり売ったりしないのでどんどん増えてしまいます。しかも増えた靴全部に愛着があったりするから、どの靴もちゃんと履こうとしてローテーションするのでほとんど靴が壊れず買い替えの時期も一向に訪れないのです。

こうなると下駄箱に収納するのも限界…というか既に下駄箱にスペースは残されていなくて、妻も下駄箱の悲惨な状況に一時期は「靴購入禁止令」を発布するほど…。仕方ないので購入時の箱に入れて部屋の片隅に保管するようにしていました。

 

しかし、写真のように靴の箱って各ブランド・モデルによって大きさがまちまちです。


▲各ブランドでバラバラな靴箱。コンバースでかい。

 

そこで何かいいグッズは無いものかとAmazonを徘徊していたら、こんなものを発見しました。
山善、手広すぎるだろ…。

クリア素材の組み立て式シューズボックスです。10個セットで2,973円(2018/04/25現在)なので1個あたり300円しないくらい。

広げた状態だと棚の脇にでも突っ込んでおけそうです。横向きに収納する人には便利そうな取っ手つき。私は縦に積み上げるつもりなので使いませんが…。取っ手の後ろ側には通気用の穴があけてあります。気休め程度かも知れませんが梅雨時など湿度の高い季節にも良さそうですね。

 


素材自体にある程度の硬さがあるので、しっかり組み上げればなかなか頑丈そうです。届いた時は折り畳まれた状態なので、組み上げる際に角にしっかり折り目をつける等すると良さそうです。

 

 


通気性ですが、通気口だけではちょっと心もとないので、オーサムストアで売られている小さなハンガー用シダーウッドを一緒に入れてみました。粘着テープで奥に貼り付けてみましたが、結局剥がれ落ちるので適当に突っ込むことに。

 


積み上げてみました。サイズが統一されているので見た目はスッキリ。クリア素材で中身が薄っすら見えるので、靴箱に名前や写真を貼ったりしなくても何が入っているのか分かるので、中身の入れ替えも容易ですね。

 

 


グッドイヤー靴の重みのせいでしょうか、手前の靴のフタ部分に少し隙間ができています。頑丈な方だとは思いますが、全ての靴にシューツリーを入れて積み上げると4段以上は厳しいかも知れません。

 


靴を取り出してみます。購入時の靴箱の多くは上蓋を開けて取り出すものが多いので、靴を取り出す際に上に積んである箱をいったん退ける必要がありましたが、この山善のシューズボックスは前から開けることができます。靴を取り出しても特に箱が潰れてしまう様子はありませんでしたが、しっかり角と角を合わせて積み上げておかないと潰れてしまうかも知れません。

 

一つ難点を挙げるとするならば、手持ちの靴に似たタイプの靴を購入する際に、妻から「ここにある靴と同じじゃない」とツッコミを入れられてしまいやすくなる…ということでしょうか…。